自分の英語表現を相手に印象付ける魔法の方法

Improve your English with the “Magic of 3”

先ずは実例

ジュリアス・シーザー

 I came. I saw. I conquered.

オバマ大統領

 We have a responsibility to ourselves, our nation, our world.

ベンジャミン・フランクリン

 Tell me and I forget.

 Teach me and I remember.

 Involve me and I learn.

(中国の格言より)

Magic of 3

  • 関連する表現を韻をふんで3回繰り返して表現する

例えば、ESLの生徒が、

‘I enjoyed reading.’

と言った場合、相手には、’reading’ 1つだけ?という印象を与えてしまう。

2つの例を挙げればベターであるが、ここで、さらに3つの例を挙げれば、相手に対して、(何故かしら)「この人はいろいろ知っている」という印象を与えることが出来る。

ex.

I enjoyed reading, dancing and travelling.

She loves roses, tulips and daisies.

They serve Italian, Chinese and Indian food.

3回繰り返す時のコツとして、文法的に同じ表現を用いる。

reading, dancing, travelling -> 動名詞

roses, tulips, daisies -> 名詞

Italian, Chinese, Indian -> 形容詞

The job requires hard work, long hours and organizational skills.

‘The job requires hard work, long hours and organization.’ と表現すると、「?」という印象を与えてしまう。

TOFELのエッセイより

To some, success means fancy cars, huge mansions and luxurious holidays.

My opinion is based on social, cultuaal and financial reasons.

This policy will have local, national and international implication.

3番目の例では、’local‘ -> ‘national‘ -> ‘international‘ といった具合に対象がだんだんと広い地域になっている。


【BGMに使える曲・今週の一曲】

いっそセレナーデ / 井上陽水(バイオリン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました