時刻についてのイロイロな英語の表現

「Expressing Time in English」

“What time is it ?”

“Do you have time ?”

という質問に対して、同じ意味でありながら、異なる表現方法が存在する。

12時

  • 昼間の12時
  • 真夜中の12時

の2通りが考えられる。

昼間の12時の場合

 ↓

12pm

表記は “12pm” だが、発音する際には、”12 o’clock ピー・エム”

真夜中の12時の場合

 ↓

12am

表記は “12am” だが、発音する際には、”12 o’clock エー・エム”

時刻表現の最も簡単な形式

5時5分の場合

 ↓

表記は 5:05

発音は 「ファイブ・オー・ファイブ」

5:10

 ↓

発音は 「ファイブ・テン」

5:15

 ↓

発音は 「ファイブ・フィフティーン」

少し複雑な時刻の表現

5:15

“a quater after / a quater past”

“a quater after five”

“a quater past five”

“five fifteen”

表現は異なるが、皆同じ意味。

5:30

殆どの場合、

“five thirty”

と言うが、

“half past five”

とも言うことができる。

5:45

講師の人が勘違いしていて、ホワイトボードの時間が違う

“a quarter to six”

1:35

通常は、

“It’s one thirty-five.” と表現

“It’s twenty-five to two.”

とも表現できる。

2時まで25分という意味。


【BGMに使える曲・今週の一曲】

いっそセレナーデ / 井上陽水(バイオリン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました