“must” と “have to” はどのような時に使い分けるか?

「Negative Forms of MUST & HAVE TO」

“have to” は、過去形・現在形・未来形においては、”responsibility” ”necessarity” の意味を表す。

ex.

We have to get up early for school.

過去形

We had to get up early for school.

“must” も同じ意味を示す。

また、現在形・過去形ともに表記・発音は “must” である。
過去形は存在しない。

ex.

I must finish my work before I go home.
(現在形・未来形ともに同様)

“must” と “have to” は、肯定形では似たような意味であるが、否定形になると意味する内容は異なってくる。

ex.

You don’t have to arrive before 8 o’clock.

「8時以前に到着する必要はない

You must not arrive before 8 o’clock.

「8時以前に到着してはいけない」 → 禁止の意味合い

You must not use such horrible language.

「そんな無礼な言葉使いはしてはいけない

“must not” は “mustn’t” とも表記できる。


【BGMに使える曲・今週の一曲】

いっそセレナーデ / 井上陽水(バイオリン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました