“sorry” を意味する5つの表現方法

“Sorry!” – 5 ways to apologize in English

人に謝る時に多用する “sorry” の様々な使い方

下記の表現は、下の表現になるほどシリアスな表現となる。

1) はちょっと体がぶつかったような時、5) はビジネス上のミス等、非常に深刻なレベル

1)

Sorry !

2)

I’m sorry !

3)

I’m so sorry !

他の表現

I’m really sorry !

I’m very sorry !

I’m terribly sorry !

4)

I’m sorry about the miss.

I’m sorry for making a miss.

このレベルになると、何故謝るかの理由を付加する

5)

My apologies.

I apologize for being late.

このレベルになると、話すときの声のトーン、表情もシリアスに

sorryを使う場面として、相手に謝る場合の他に、相手への同情(sympathy)を表現する場合にも使用できる

I’m sorry you lost your job.

I’m so sorry for your loss.

逆に相手が謝ってきた時に使う、返事の表現

1)

Sorry !

 ↓

That’s OK.

That’s all right.

No problems.

No worries.

Don’t worry about it.

It’s all good.

3)

I’m so sorry !

 ↓

Apology accepted.

All is forgiven.

I forgive you.

5)

I apologize for being late.

 ↓

That’s quite all right.

No harm done.

No need to apologise.

相手に謝る時には、機械的に話すのではなく、感情をこめて謝るのが大事だ、というのは英語の場合でも重要という講師のコメント


【BGMに使える曲・今週の一曲】

いっそセレナーデ / 井上陽水(バイオリン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました