仕事に関する英語のフレーズ

“世界のコールセンター” 第2位のインドにおける英語学習の動画です。
(現在の世界1位はフィリピンらしい)

日本の義務教育では絶対に教えない、即実践の英語をタダで学習できます。

今回は、講師の友人であるサラの転職を通じて、それに関するイディオム等を解説しています。

講師の人が先日友達のサラに会った時の話をしています。

講師の人がサラに

“I heared you are between jobs. Is that true ?”

  • between jobs

     ↓

    unemployed

    すなわち、プータローのこと
  • holding down job

     ↓

    maintaining a job
  • moonlighting

     ↓

    working a second job at night (or late evenings)

サラは、普段から支出が多い上、カードの支払いも多く、昼間の仕事の収入だけではやっていけず、夜のバイトもやっていたので、非常に疲れ切っていた模様。

  • Head hunter

     ↓

    executive job recruiter

    日本でもお馴染み、ヘッドハンター。
  • Land a job

     ↓

    obtain a job

サラがヘッドハンターに会ったとき、そのヘッドハンターは、たまたま良い案件を持っており、moonlightingの必要がない位の収入UPが望めた。

  • Perks

     ↓

    job benefits
    (travel allowance, food coupons, insurance, incentives)
  • 単に給料だけではなく、福利厚生等の諸条件のこと。

  • Pay hike

     ↓

    raise in salary
  • knock off early

     ↓

    leave early from work

    日本でいうところの、裁量労働制・フレックスタイムに当たるか?
  • Cush job

     ↓

    easy job / job of your dreams

    Youtubeのコメントを見てみると、’-y’を付けた、” Cushy job “という表現が一般的らしい。
  • Working like a dog

     ↓

    working very hard

    多くの日本人が大好きな労働観

最終的には、サラはとてもハッピーになりました、という事。


【BGMに使える曲・今週の一曲】

いっそセレナーデ / 井上陽水(バイオリン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました