英会話:レストランで食事をする時に重宝する英語表現

  • 先ずは入店したら、食事をするテーブルの確保

    フリーで予約を取っていない場合

    I would like to have a table for four people.
    (4人の場合)

    既に予約を取っている場合には

    I have a reservation in the name of(予約した人の名前).

  • 席について、ウェイターにオーダーを頼む

    既にオーダーするものが決まっている場合

    I would like to ha a pint of beer.

    日本でいうところの、「とりあえずビール」

    pint・・・英語圏における液量の単位・約 0.55 リットル

    この表現は、formal で丁寧な表現方法

    あるいは、

    I will have a pint of beer.

    とも言うことも出来る。

    一方、オーダーするものが決まっておらず、ウェイターに何かオススメメニューを尋ねる場合には、

    What do you recommend ?

    また、多くのレストランでは、週末等にスペシャルメニューを提供している場合があるので、その時には、

    Do you have any specials ?

    以上のようにウェイターが提供したメニューに決めた場合の返事は

    I’ll take that.

  • 店内で、ウェイターを呼ぶ時に、’Hello !’ とか ‘Hey !’ とか言う場合が多い(らしい)が、これは、失礼な表現方法。

    丁寧な表現方法は

    Excuse me !

    Excuse me please !

  • メニューの変更や追加をお願いする場合

    既に何かを食べていて、例えば、ガーリック・パンを追加する場合

    Could we also have some garlic bread ?

    また、多くの場合、お客は

    Please make this one half.

    Please divide it to two.

    と言うが、これでは何を半分にするのか分からない。

    ここでは、「何を」をハッキリするために、

    Please make this soup 1 by 2.

    Please make the drink 1 by 2.

    とウェイターに告げる。

  • 人により、スパイスの効いた味が好みである場合や、逆に、スパイスがきいていない味が好みである人もいるし、あるいは、健康を考えて、油を使った料理を敬遠する人もいる。

    こういった、自分の好みをウェイターに告げる場合は、

    Please see to it, that the food is non-spicy.

    Please see to it, that the food is non-greasy.

  • 食事に対する感想をウェイターに告げる時

    美味しかった時は

    The food is delicious.

    The food is scrumptious.

    逆に、好みに合わなかった場合や、クレームをいれる場合

    The food is cold.

    味がスパイスがききすぎたり、やたらしょっぱかったり、明らかに調理のミスと思われ、交換してもらいたい時は、

    It dosen’t taste right.
    Could you replace it (for me), please ?

  • 食事も済み、いよいよお会計

    Could I have the check, please ?

    Could I have the bill, please ?

  • また、食事が残り、それを家に持ち帰りたい時には、

    Could I have a doggy bag ?

    leftover・・・残り物・食べ残し


【BGMに使える曲・今週の一曲】

ラブ・ストーリーは突然に / 小田 和正(ピアノ plus)

コメント

タイトルとURLをコピーしました