英会話:人を褒める時、自分が褒められた時に留意しておくこと

日常の生活の中で、人を褒めたり、あるいは、自分が褒められる事はよくあることだが、下記の事項を頭にいれておくと、 コミュニケーションがより円滑になるでしょう。

人を褒める時

  • Be sincere

    一番重要な事項。

    嘘偽りのない、誠実な気持ちを持って褒めること

  • Be specific

    つかみどころのない表現よりも、相手の特定の行動を褒めること。

    「母さんは料理が上手だね」と言うよりも、「母さんが昨日のお昼に焼いたケーキはとても美味しかったよ」という表現の方が効果的

  • Don’t compare achievement

    例えば、母親が子供を褒める時、他人との比較の視点で表現しないこと。

    運動会で、「同級生のAさんも足が速いし、いつも運動会で一位になったけれど、お前も今年の運動会では一位になってスゴイね」という表現はNG

  • Be timely

    褒める時は、その場ですぐに褒めること。

    数日経ってから、思い出したように褒めるのはNG。

他人から褒められた時

一番の基本は、褒められたら、ニッコリ笑って、「有り難う」。

  • Don’t shrug off or disagree

    褒められたことを無視したり(shrug off)、「そんなことはないですヨ~」と褒められた内容を否定しないこと

  • Don’t upscale (increase the value) a compliment

    「さっきのプレゼンテーションはとても良かったヨ」と褒められても、「’良かった’だって? 俺としては、’エクセレント’なプレゼンだったと言ってほしいね」と言わないこと。
    あくまでも謙虚に。

  • Avoid complimenting back immediately

    例えば、自分の服装について褒められた時、脊髄反射のように、間髪をあけず相手の服装を褒める、といったことはしないこと


【BGMに使える曲・今週の一曲】

いっそセレナーデ / 井上陽水(バイオリン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました