英会話:「好き」「嫌い」をさらに強調した表現方法

通常は、

 「好き」・・・ ‘like’

 「嫌い」・・・ ‘dislike’

を用いるが、それを、もっと明確に&強調した表現方法の紹介

好きで好きでたまらない状態を示す表現

‘love’ を使う

この場合の ‘love’ は、’extreme passion’ もしくは ‘intense desire’ を意味する

  • Eating icecream is fun.

        ↓

    I love eating icecream.

    また、’love’ を発音する時には、イントネーションを上げる

  • I like sunbathing.

        ↓

    I adore sunbathing.

  • She is fond of John.

        ↓
    She is crazy about John
    She is mad about John.

好きでも嫌いでもどちらでもない、どうでもよい状態を示す表現

  • I don’t mind doing house work.

    日常的に使うくだけた表現では、

    Yeah, it’s okay.

  • I don’t really care either way.

    ‘Yeah, whatever’ と表現してもよいが、何かハッキリとしない表現方法である。

    ‘It’s okay.’ ‘so-so’ という表現もあるが、これは正しい英語表現ではない。

  • It’s all the same to me.

何かについて、本当に好きではない、嫌いである場合の表現方法

  • I can’t stand my boss.

    意味的には、’I don’t like my boss’ と同じ

    ‘can’t stand’ の部分はイントネーションを上げて発音する。

  • I detest being late.

    ‘detest’ の部分を強調して発音する

  • I can’t bear watching golf.
  • I loathe bacon.

【BGMに使える曲・今週の一曲】

いっそセレナーデ / 井上陽水(バイオリン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました