英会話:文句・クレームを言う時の、穏やかな表現の仕方5つ

自分が望まないモノやサービスを受け取った場合には、当然も事ながら、それに対して文句をつける訳ですが、そんな時は多くのケースに見られるように、大声で怒るよりも、丁寧な表現を用いることで、その後の相手の対応が異なることもある。

  • I’m sorry to bother you ・・・

    どちらかといえば、あまりシリアスではない状況で使う表現

  • Can you help me with this ?

    多くの場合、人は命令・指示されるより、助けを請うような表現でお願いされると、望む行動をとりやすい。

  • I’m afraid there may be misunderstanding.

    本来の意図する内容は

    ‘Your information is wrong. Please fix it now.’

    であるが、それを非常に丁寧な表現に言い換えたもの

  • I understand it’s not your fault.

    例えば、飛行機のフライトが変更になり、荷物がロストしたり、その後の予定を変更しなければならない時、フライトが変更になったのは、カウンターにいる顧客対応係の人のせいではない。

  • Excuse me, but I understood that・・・

    相手より自分の方が正確な情報を持っているにもかかわらず、相手が自分を騙そうとしようとした時に使う。

    例えば、タクシーを利用したとき、自分は25ドルと知っているが、運転手がボッタクリで50ドルを要求してきた時など。


【BGMに使える曲・今週の一曲】

ラブ・ストーリーは突然に / 小田 和正(ピアノ plus)

コメント

タイトルとURLをコピーしました