トラベル英会話:空港や国際線に乗る時に重宝する英語表現

今の全世界の国際空港ではアナウンスや表示は英語が標準であり、また、日常的な単語を独特な目的で使われる場合があることから、事前にそれらを知っておけば、イザ、空港に行ったり飛行機に乗る時に戸惑わずに済む。

日本の学校では飛行機の事を “airplane” と教えるが、実際には海外では “aircraft” と呼ぶ場合が多い模様。

  • to board / to embark

    飛行機に搭乗すること

  • cabin

    客室の事

  • flight attendant

    女性の客室乗務員。
    通常は満面の笑顔で乗客を迎えてくれるが、大昔、私が乗ったAmerican Airline (AA)の客室乗務員はオバチャンばかりで、しかも愛想が悪かった。
    air hostessと呼ぶ時もある。
    男性の場合は、”stewards” なので間違いの無いように。
    機内食の準備をする事から “cabin crew” とも呼ぶ。

  • Aisle

    機内の通路。
    長距離のフライトの場合、子供は別として乗客は通路側の席を取りたがる。

  • Overhead bin / Overhead compartmets

    座席の頭上にある手荷物を入れる場所

  • Gally

    飛行中の食事を保管したり簡単な調理(加熱)をするためのスペース

  • Cock pit

    操縦室

  • Pilot / co-pilot

    操縦士及び副操縦士
    “captains” と呼ぶことも

  • Taxing

    よく空港内の電光案内板に見かける言葉。
    飛行機が離陸の為に指定された滑走路に向って移動している事を示す。
    “taxing out” とも言う。
    逆に、”taxing in” とは飛行機が着陸して、滑走路上を乗客を降ろす場所まで移動している事を示す。

  • Take off

    離陸

  • Motion sickness

    人により様々であるが、離陸して高度を上げている時に感じる体の異常(耳鳴りとか、胃痛とか)

  • to cruise

    飛行機が上昇を終え、指定高度の安定飛行にはいっていること。
    この状態になると、シートベルト着用のサインは消え、席を立ったりする事ができる。

  • Turbulence

    気流の乱れで飛行機が揺れること

  • Call light

    座席の頭上にある客室乗務員を呼び出す時に使うボタン

  • Refreshments

    長距離のフライトの場合はそれなりの機内食が提供されるのに対し、近距離のフライトの場合は、飲み物やスナックなどの軽食が提供される。

  • Touch down

    着陸の事


【BGMに使える曲・今週の一曲】

いっそセレナーデ / 井上陽水(バイオリン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました