“No” のスマートな英語の表現方法

日常生活において、人は様々な場面で他人から何かを頼まれたり、誘いを受けたりしますが、この時、ただ単に “No” と言うだけだと、相手に無礼ですし、相手の気分を害したりするのは英語も日本語も同様。

そこで、”No” を使わないで、スマートに相手からのリクエストを断る日常的に使えるフレーズを紹介。

  • ケース 1

    相手から何かを頼まれ事をされて、それを断りたい場合

    • I’d love to help you, but……
    • I wish I could help you ……
    • Unfortunately, now is not a good time……

    ex.

    例えば、自分が暮らしている近所に引っ越してきた人がいて、その引越してきた後、家具の移動や家の中の整理を手伝って欲しい、と頼まれたが、自分の方は、仕事の関係などで忙しく、それどころではない場合。
    (当然、自分は頼んできた相手とは親しくはない)

    I would love to help you, but I am really busy right now. I’m so sorry.

    I wish I could help you, but I’m very busy with a presentation that I have tomorrow.

    Unfortunately, now is not a good time for me.

  • ケ-ス 2

    相手から何かしらの申し出(オファー)が提示された場合、その内容を断りたい。

    例としては、就職の面接の際提示された賃金やポジションが自分の希望に沿わず、今回は見送りたい場合など。

    • I appreciate the offer, but ……
    • That would be great ……
    • Thank you for the offer ……

    ex.

    I appreciate the offer, but this is not gonna work for me.

    I appreciate the offer, but I have something else in my mind.

    That would be great, but it dosen’t suit my requirements.

    That would be great for me however I have some differrent plans (or I’m expecting something else).

    Thank you the offer however this won’t be possible for me to go ahead with it.

  • ケース 3

    誰かしら(例えば自分の友人)からのお誘いを断る場合。
    例えば、今度の週末にパーティーとか映画に誘われたものの、あいにく、その日は別の用事が既に入っていて、パーティーには行けない時など。

    • That sounds great, but ……
    • I really appriciate the invitation ……
    • I wish I could come, but unfortunatelly ……

    ex.

    That sounds great, but I have something else planned up for this weekend.

    I really appriciate the invitation however it’s gonna be difficult this time, I promise I’ll make sure that I’ll come the next

    time you have a party.

    I wish I could come, but unfortunatelly, I have to go with it my parents.

上記、いずれの場合でも、最初に相手に謝意を表してから、相手の要望に応えられない理由を述べるのがポイント。


【BGMに使える曲・今週の一曲】

いっそセレナーデ / 井上陽水(バイオリン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました