英語で電話をする時に役立つ定番・必須フレーズ 1

英語がネイティブでない人にとって、相手の表情が見えない会話だけでやりとりする電話は苦手なもの

そこで、日本の「もしもし?誰々さんをお願いします」に相当する定番の英語フレーズの紹介

設定としては、こちらが電話の受け手で掛かってきた電話に対応する場面を想定

(電話の呼び出し音)

“Hello ?”

大抵の場合、相手は話したい相手を指定してくる

今回は受け手は “Emma:女性” 、電話を掛けてきてのは “Bob:男性” と仮に設定

  • 「Emmaさんをお願いします」に相当するフレーズとしては

    1. Is Emma there, please ?
    2. This is Bob calling for Emma.
    3. Is Emma in ?
    4. May I please speak to Emma.

    「2.」と「4.」は丁寧な表現

    「1.」と「3.」は友達同士とか勝手知っている相手に対するカジュアルな表現

  • Bobから掛かってきた電話に対して、Emmaはどう答えるか?

    BobはEmma(自分)に電話を掛けているので、

    Emma speaking. How can I help you ?

    This is Emma.

  • 受け手がBobが話したい相手(Emma)ではなかった場合、「ちょっと待ってください。Emmaを呼んできます」となり、

    One moment please.

    Just a moment please.

    Hang on a sec. I’ll get Emma.

    日本の英語教育にありがちな “wait a moment” は相手に対して失礼な(rude)表現になるので使わないこと

    “Hang on a sec.” はインフォーマルな表現なので、ビジネス会話では使わない

  • Bobが話したい相手が捕まらない場合は、

    I’m sorry. Emma is not here at the moment (or right now).

    Would you like to leave a message ?

    Can I take a message ?

  • これで会話が終わる場合には電話を切る(hung up phone)

【BGMに使える曲・今週の一曲】

いっそセレナーデ / 井上陽水(バイオリン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました