英会話:”I’m sorry.” の様々な言い方

“I’m sorry.” と言うからには、それなりの理由(reason)がある筈。

Reason にはそれこそ数え切れないくらいの例があるが、以下はそんな中の一部の例。

  • late(遅刻)
  • broke something(何かを壊してしまった)
  • gossip(他人の悪口)
  • rude(相手に失礼な態度や言葉)
  • mean(何かしらのミス)
  • ate smelly food andyour breath stinks(ギョーザなど匂いのきついものを食べて、それを指摘された時)
  • 相手のミスを丁寧な形で指摘する時

    例えば、レストランでウェイターが自分がオーダーしたものとは違った食事を持ってきた時、

    “I’m sorry. This isn’t what I ordrered.”

“apology” の表現方法

“apology” は “I’m sorry.” と同じ意味。

  • “Sorry”

    これは友達など気の知れた相手にだけ使う Informal な表現。

    I’m soory for 動詞 + ing

    • I’m sorry for breaking it.
    • I’m sorry for not calling you.
    • I’m sorry for being late.

    “何かをしなかった” 事について謝る場合には、上記の例にあるように、”not + 動詞 + ing” と表現する。

  • 会社の職場などで上司に対して謝る場合には、より “フォーマル(formal)” な表現を使う。

    具体的には、”I’m sorry.” ではなく、”apologize” を使う。

    • I apologize for breaking it.
    • I apologize for being late everyday.

    謝る理由が明確で、その理由を述べる場合には、上記の例同様に “for 動詞 + ing” の表現を用いる。

  • また、謝る相手が会社の顧客で、会社としてお詫びをする時には、一番丁寧な表現を用いる。

    Please accept my sincerest apologies.

    my sincerest apologies = 深くお詫び致します、の意味

日常会話の中では、以下のようなフレーズも用いられる

  • I didn’t mean to.
  • I did’nt mean to break your cup.
  • I didn’t to hurt you.

自分としては悪さをする意図は全くなかったのに、結果として、相手に悪いことをしてしまった時に使うフレーズ。

It was an accident.

これも上記同様、自分としては悪さをする意図は全くなかった時に使うフレーズ。

It’s my fault.(これは私のミスだ)

この表現は、自分だけでなく第三者に対しても使える。

  • It’s his fault.
  • It’s her fault.

Regret(後悔や悔恨)を含んだ謝る場合には、以下の表現が使える。

  • I shouldn’t have …..
  • I shouldn’t have said that.(それを言うべきではなかった)
  • I shouldn’t have been late.(遅刻するべきではなかった)

文法的には

should not have + 動詞の過去分詞形(past participle)

相手に対し悪いことをしてしまった場合、それが軽微なものであれば、”I’m sorry.” で済む一方、問題が大きければそれを解決(fix)しなければならない。

そんな時、相手に申し出るフレーズは、

“How can I make it up to you ?”

今度は逆に、相手から “I’m sorry.” と言われたら、どう返事をすればよいか?

一般的なフレーズは以下の通り。

  • That’s okay.
  • No worries.
  • No problem.
  • It’s all right.
  • It’s cool.

これらは友達や家族間で使う、インフォーマル(informal)な表現方法で、相手の重大なミスに対するフォーマルな表現は、

I forgive you.


【BGMに使える曲・今週の一曲】

いっそセレナーデ / 井上陽水(バイオリン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました