ビジネス英会話:日常生活のスケジュールの約束、変更する時に使うフレーズ

相手のアポを取るとき

  • Can we arrange a meeting ?
  • If possible, I’d like to come by and see you ?

    上記の “Can we ~ ?” より望ましいフレーズ
  • How about Monday ?

    日や時間を尋ねる時に使う。
  • Is next Tuesday convenient for you ?

    相手とのアポは取ると同時に、相手のスケジュールを尊重した言い方。
  • Would Thursday suit you ?

    Would Thursday 5pm suit you ?

    これも相手の予定を尊重した言い方。

今度は自分に対して誰かがアポの約束を取りたくて話しかけてきて、それをOKする場合。

  • That sounds good.
  • That’s sounds great.
  • Thursday would be perfect.
  • That’s fine.

    基本となる一番シンプルなフレーズ。

今度は生憎と相手が提示した日時は都合が悪い場合に使うフレーズ。

  • I’m afraid I have got another meeting.

    直接的な表現である “No” は失礼な言い方なので使わないこと。
  • Tuesday seems to be a little difficult.
  • I would prefer to meet on Friday. Is that Okey ?

上記二つの言い方は相手からの打診に対して断る意味であるが、その場合には、自分から別の都合のよい日を相手に提示するのがベスト。

一度決まった予定をキャンセルしたり変更する場合のフレーズ。

例えば、Fixした午後5時に開くミーティングで、開始5分前になって “都合が悪くなった” と連絡するのは “rude” と思われる。

午後開かれる会議なら朝一に連絡すること。

  • Something urgent has come up, can we fix some other time ?
  • Something has just cropped up and I won’t be able to meet you today.

【BGMに使える曲・今週の一曲】

いっそセレナーデ / 井上陽水(バイオリン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました