“ten to ten” は具体的に何時何分か?:英語による時刻の表現方法

時計の表示にあたり、日本語の

  • 短針は “hour hand”
  • 長針は “minute hand”

と英語では称する。

最も一般的な時刻の表現方法は、時だけの場合は

  • 1 o’clock
  • 2 O’clock
  • 3 o’klock
  • ・・・

といったもの。

ただし、12時の場合、昼間の12時なのか、夜中の十二時なのか区別をつけるために、

Twelve noon

Midnight

と言い換える場合もある。

次に分を表現するには、第一の方法として、”5分刻み” で時と分を表現するもので、例えば、

2:05 – two oh five

2:10 – two ten

2:15 – two fifteen

・・・といったもの。

さらに細かく “2:13” を表現する事も出来るが、大概の場合、そこまで細かくせずに、5分単位に切り上げて表現するのが一般的。

次に、変わった表現方法として、一時間を4等分して、15分単位で時間を表す場合がある。

例えば、

2:15 – Quarter past two(Quarter after two)

2:30 – Half past two

2:45 – Quarter to three

など。

“2:45” が “Quarter to three” となっているのは、”二時から3/4時間経過” ではなく、”(次の)三時まで1/4時間” と表現することによる。

ここで、表題の “Ten to Ten” となる訳で、日本語にすると、”(次の)10時まで10分” という意味なので、9:50を示していることになる。

時刻の表現でウッカリすると分からなくなるのが、”am” と “pm” を使った場合。

結論だけ書くと、

  • 12:00am は真夜中の12時
  • 12:00pm はお昼の12時

を示す。

最後に例題を幾つか示すと、

6:50 – six fifty or ten to seven

3:45 – three forty-five or quarter to four

5:20 – five twenty or twenty past five or twenty after five

7:50 – seven fifty or ten to eight

9:15 – nine fifteen or quarter past nine or quarter after nine

8:05 – eight oh five or five past eight

10:10 – ten ten

9:50 – nine fifty or ten to ten

5:30 – five thirty or half past five

1:40 – one forty or twenty minutes to two o’clock


【BGMに使える曲・今週の一曲】

いっそセレナーデ / 井上陽水(バイオリン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました