西洋式の結婚式の一般的な進め方と自分が招待されたらどうすればよいか?

結婚式に招待される場合、事前に招待状(Wedding Invitation)が送られてくる筈。

その招待状に書かれている内容といえば、至極、事務的で、結婚式が開催される場所や時間等が書かれている。

西洋式の結婚式の場合、今の日本におけるそれと同様、

  • Ceremony
  • Reception

の二部に分かれており、殆どが半日、もしくは、数時間で終わる、これも日本と同様。

“Ceremony” は教会で行われる宗教行事で、”Reception” は日本の披露宴に相当するもの。

Ceremony は場合により大人数が参加する場合がある一方で、予算の関係から Reception は特に親しい者だけの少数で行われる場合もある。

注意点としては Ceremony は時間厳守で少なくとも開始30分前には教会に到着しているのが望ましい。

どうやら動画の講師は世界中を旅したようで、例えば、インドの場合、かなりの人数が時間に遅れて来るらしい。

教会内に入ると、ゲストブックが置かれているので、そこに簡単な挨拶と供に自分の名前を記入し、もし、自分が新郎新婦宛にプレゼントを持ってきたなら、プレゼントを置くテーブルが会場のどこかにある筈なので、そこに乗せておく。

この時、プレゼントは新郎新婦に直接渡さない。

それが終わると、専任の “Usher(案内人)” がいるので、その人の指示に従い席につき、儀式が始るのを待つ。

やがて、音楽が流れ始めるといよいよ開始となる。

  1. 新郎(Groom)は極親しい友人に構成された付添い人(Groomsman)と供に、祭壇の前に立つ。
  2. 次に、新郎の場合と同様、花嫁の友人で構成された付添い人(Bridesmaid)が姿を見せる。
  3. 一般的には、新郎の付添い人(Groomsman)と新婦の付添い人(Bridesmaid)は同数。

そして、

  • Bridesmaid のメインとなる人は “Maid of honorer”
  • Groomsman のメインとなる人は “Best man”

と称する。

この “Maid of honer” と “Best man” を合わせたグループを “Wedding Party” と称する。

やがて、教会内に流れる音楽が変わると、いよいよ、花嫁が父親にエスコートされて登場することになる。

キリスト教の結婚式では、当然、神父さんもいる訳で、

  • カトリック系の場合は “Priest”
  • プロテスタント系の場合は “Pastor”
  • 特定の宗派に属さない場合は “Justice of the Peace”

と呼ぶ。

こうして登場する人たちが揃うと、映画やドラマにあるような場面が祭壇の前で進むことになる。

この場合、

  1. 神父の言葉は “Sermon”
  2. 新郎新婦の誓いの言葉は “Vows”
  3. 指輪の交換は “Exchange rings”
  4. 宣誓書のサインは “sign document”

と一般的には称する。

最後は新郎新婦のキスで終わる事になるが、式全体の所要時間は意外に短く、大概の場合、30~45分といったところ。

その後、新郎と新婦は別室に移動して写真を撮ることになり、この所要時間は数時間。

Ceremony が終わると、日本の披露宴にあたる “Reception” となる。

Reception では日本と同様、飲食が中心となるが、主要なプログラムの一つとして “Toasts” がある。

これは、新郎と新婦の両方の知り合い一名による短いスピーチと “乾杯” の事。

それ以降は、会場の一画にマイクが設置され、参加者の誰もが自由にスピーチすることが出来るプログラムとなる(Open mic)。

日本の披露宴とは異なり、”Open Mic” でスピーチする人物は予め指名しておくことはない。

全てのプログラムが終了すると、新郎新婦は新婚旅行へと行くのは日本と同様。


【BGMに使える曲・今週の一曲】

いっそセレナーデ / 井上陽水(バイオリン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました