英文法:前置詞(Preposition) “at” “on” “in” の適切な使い方(トライアングル・メソッド) 1

「時間編」

前置詞の使い方は英語を勉強する多くの人が悩む問題。

そこで、今回は “at” “on” “in” の3つの前置詞を適切に使い分けられるようにする、”ピラミッド・メソッド(トライアングル・メソッド)” の紹介と実際の使い方の紹介。

“ピラミッド・メソッド” の言葉が表すように、

  • “at” はピラミッドの上の部分に位置し、非常に狭い範囲やピンポイントのモノや状況を示す時に使う。
  • 逆に、”in” はピラミッドの底辺で、非常に広い、広範囲なモノや状況を示す場合に使う。
  • そして、”on” はその中間にあたる部分に対して使う。

その具体的な例を今回は時間について考えます。

  1. at

    特定の時間、具体的な時間を指す



    at 5:00

    at 12:30

    at midnight
  2. on

    “at” よりも少しユルい時間を指す。

    “日” の場合が多い。



    on Monday

    on January 25

    on New Year’s Day
  3. in

    “on” よりさらに漠然とした時間、期間などに於いて使う。



    in July(月)

    in the summer(季節)

    in 2005(年)

    in the 1960s(年代)

    in the 1800s(世紀)

    in the past

    in the future
  4. 以上の事を踏まえた上で、簡単なテスト。

    以下の各文で空欄の部分には、”at” “on” “in” のどれが適切か?

    1. _____ 6:00
    2. _____ Sunday
    3. _____ winter
    4. _____ Independence Day
    5. See you _____ noon
    6. I’ll call you _____ Friday.
    7. We have a meeting _____ 4:30
    8. They are getting married _____ March 9.

    答えは、

    1. at
    2. on
    3. in
    4. on
    5. at
    6. on
    7. at
    8. on

    【BGMに使える曲・今週の一曲】

    いっそセレナーデ / 井上陽水(バイオリン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました