英文法:前置詞(Preposition) “at” “on” “in” の適切な使い方(トライアングル・メソッド)2

「場所編」

前置詞 “at” “on” “in” は使用頻度が多い代わりに、適切な使い方は英語を勉強する人にとってはなかなか難しいもの。

そこで、この3個の前置詞(preposition)の使い方を “トライアングル・メソッド” を使うと理解し易い。

即ち、

  • “at” は非常に狭い範囲、もしくはピンポイントで場所を指定する時に使う。


    • お店

      “Starbacks” 等
    • 細かな住所

      25 Main Street

    • ビル・ホテル等の固有の名前
    • 場所の名前

      JFK Airport

      又は、”at the airport” “at the libraly” “at the spermarket” 等
  • “on” は “at” より少し広い範囲を指定する時に使う


    • 通りの名前

      on main Street
    • 高速道路(Highway)

      on Route 66
    • 建物のフロア(階数)

      on the 6th floor
  • “in” は “on” より更に広い範囲に使い、それを超える広い場所を指定する前置詞はない


    • 都市

      in Los Angeles


    • in California
    • 大陸(continent)

      in North America


    • in the U.S.
    • 世界

      in the world

以上を踏まえた上で、簡単なテスト。

下記の空欄には、”at” “on” “in” のどれが適当か?

  1. _____ Tokyo
  2. _____ Hill Road
  3. _____ Brazil
  4. _____ 40 Park Avenue
  5. We’re staying _____ the Moon Hotel.
  6. He works _____ BurgerKing _____ Bay Street.
  7. She lives _____ 265 Queen St. _____ London.

答え

  1. in
  2. on
  3. in
  4. at
  5. at
  6. at と on
  7. at と in

上記の説明は基本的か目安で、いろいろと例外もある。

動画の講師の話しによれば、これらの前置詞の使い方について悩む人は多いので、間違いだからといって悩む必要はないとの事。


【BGMに使える曲・今週の一曲】

いっそセレナーデ / 井上陽水(バイオリン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました