英会話:”I’m sorry.” と同じ意味のいろいろなフレーズ

日常的用語として、最も頻繁に使われる、

“I’m sorry.”

日本語では “失礼しました” という意味ですが、その状況により、

“おっと失礼”

という軽い感じから、何か重大なミスをして、本当に心の底から相手に謝らなければならない場合など、現実にはいろいろなケースが考えられます。

そこで、その時のケースに合わせた “I’m sorry.” と同じ意味を示す様々なフレーズの紹介。

  • Sometimes I can be a real airhead.

    約束の時間とか、何かをうっかり忘れてしまった時などに使うフレーズ。
  • I wish I could erase it.

    自分が何か後悔する行動を取り、相手に真剣に謝る時に使う。

  • How thoughtless of me ?

    thoughtless = thought + less

    ちょっとしたケアレスミスをした場合。
  • I put my foot in my mouth.

    自分のしでかしたミスで、自分自身が気恥ずかしい(照れくさい)場合。

    例えば、本来ならフォーマルな服装で出席しなければならない集まりで、うっかりカジュアルな服装で行ってしまったような時。

    embarrassing = ばつの悪い、きまりが悪い

  • I’m a schmuck.

    “I’m so foolish.” と同じ意味。

    これはインフォーマルな表現なので、友達同士や家族の中だけで使い、フォーマルな場では使わないこと。
  • I pushed your button.

    相手をイライラさせたり、怒らせた時に使う。
  • I will go nuts if you don’t forgive me.

    go nuts = going crazy

    このフレーズを聞いた相手は、もしかしたら、笑って許してくれるかもしれない。
  • How can I make it better ?

    誰かにミスを指摘された時に、その相手に返す言葉。

    “How can I make it better, I wish I could erase it.” とも言うのもあり。
  • I was in a foul mood.

    foul mood = bad mood

    シンプルだが心のこもった表現方法。
  • I had no idea it would hurt you.

    意識した、或いは、意識しなくても相手を傷付けてしまった時に使うフレーズ。
  • I realized I overreacted.

    overreacted = said something, inappropriate, incorrect action

    その時には気付かなかったが、後になってから自分のミスを他の人から指摘された時に使う。

【BGMに使える曲・今週の一曲】

明日に架ける橋 / サイモン&ガーファンクル(ピアノ solo)

コメント

タイトルとURLをコピーしました