英文法:”small v.s. little” 、”big v.s. large” 、”tall v.s. high” の違いと使い分け方

表題にあるいずれの形容詞の組み合わせは “類義語・同義語(synonym)” であることから、一番重要なのは、その形容詞を含む文章全体(context)の中でどのように使われているかを見定めること。

これが出来れば、自然とどちらの形容詞を使うか、或いは、その意味が分かるようになる。

small v.s. little

  • small

    物理的な大きさを表す

    ただし、状況によっては、同じ意味で “little” が用いられることもあり、例えば、

    Somebody has small hands.

    Somebody has little hands.

    のどちらも正しい英語。

    強度を現す



    small voice
  • little

    非可算名詞(money,time 等)に使う

    身長・背丈を表す場合に使う

    “状態の程度” を表す時に使う



    I’m little tired.

    I’m little irritated.

    フレーズを工夫すれば、small も little と同様、非可算名詞に使える。

    a small amount of time = little time

    “amount” も “number” も非可算名詞。

    本来であれば、”small” と “little” は使い分ける必要があるが、仮に間違って使ったとしても、現実的には大概の場合、相手はその意味を理解してくれる。

big v.s. large

両者ともほぼ同じ意味で、物理的な大きさを表し、その違いは “ニュアンス” が微妙に異なるだけ。

例えば、TOFELやIELTSの試験で “big” の代わりに “large” と書いたとしても正解となる。

the big boss

= CEOのように会社内の地位が高い人

the large boss

= その上司が太っていることを表す。

My big brother

= 年上の兄弟を表す。

My large brother

= その兄弟が太っていることを表す。

“a large number of” は数が多いことを表すが、仮に、”a big number of” と表現しても間違いではなく、相手にはちゃんと意味は伝えられる。

これは “a large amount of” でも同じで、”a big amount of” と表現してもよい。

或いは “a big house” と “a large house” とでは同じ意味。

tall v.s. high

  • tall

    物理的な高さ。例えば身長など。
  • high

    何かしら基準になるものがあって、それと比較して何かが高いことを表す。

    例えば、山の高さは、”海抜” の高さをゼロメートルとしていたり、”high cost” は何かに比べて値段が高いことを表し、”tall cost” とは言わない。

    “high level” も “tall level” とは表現しない。

    ただし、例外もあり、”He is 6 feet high.” は “He is 6 feet tall.” とは言わない。

    或いは、人により、

    “It’s a very tall building.”

    という場合と、

    “It’s a very high building.”

    と言う場合があるが、どちらも正しい英語表現であるが、”tall” を使うのが望ましい。

    山の場合も “tall mountain” と “high mountain” の両者があるが、”high mountain” を使うのが望ましい。

【BGMに使える曲・今週の一曲】

フレンズ / レベッカ(スロー・バラード風:ピアノ solo)

コメント

タイトルとURLをコピーしました