英文法:同じ単語でもイロイロな意味を持つ例

英語を習う人が悩む例として、同じ単語でも全く関係のない複数の意味を持つ場合があり、そのうちのどの意味を使えばいいのか分からない点にあります。

辞書を用いるのは当然ですが、辞書には意味の羅列だけ書かれており、どれを使っていいのかまでは書かれていません。

そこで重要になるのは文章の “context”。

単語だけに注目しないで、その単語が書かれている文章(パラグラフ)全体を見渡すことにより、複数ある意味のうち、どれを使えば適切かどうか自然と分かります。

以下は、そんな単語の例。

  • Wear

    動詞(verb)としての意味の他に、名詞(noun)としての意味がある。

    名詞

    擦り切れ、磨耗、もち



    例えば、Gパンを長い間はいていると、膝の部分が擦り切れて穴ができたりしてしまう。

    This jean will have so much wear.
  • Meet

    名詞としての意味:競技会、大会



    The Olympics is the biggest swim meet in the world.

    動詞としての別の意味:expectation

    もある。
  • Mean

    名詞としての意味:平均
  • Make

    名詞としての意味:メーカー、製造会社



    自分のパソコンが故障して技術サポートの人が点検に来て質問する場面。

    What’s the make of your computer ?
    (どこの会社のパソコンですか?)
  • Milk

    動詞としての意味(ただし、スラング)

    → 誰か(何か)から搾り取る、搾取する



    I try to milk him every penny he has.
  • Water

    動詞としての意味(ただし、スラング)

    “water down” で

    → ~の効果を弱める



    非常に高度な専門用語を使った報告書の内容を、専門知識を持たない人に分かりやすく、専門用語の意味を噛み砕いて説明する時。

    You need to water the report down for your boss.

    You need to make it simpler.

【BGMに使える曲・今週の一曲】

大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ曲(バイオリン,ヴィオラ オーケストラ風)

コメント

タイトルとURLをコピーしました