英文法:未来の事を表現するには “現在進行形” や “現在完了形” も使える

学校では未来の事を表現するには “will” や “be going to” を使うと教わりますが、その他の時制を使っても英文法では間違いではないようです。

現在進行形(Present Continuous)

  • 未来の事を表現する
  • ただし、その未来の事・計画は今の時点では確実ではない
  • 場合に用いる。

    • I’m thinking of going to …..



      I’m thinking of going to Australia for a holiday.
    • We’re planning to go …..



      We’re planning to go for a movie this week end.

      “week end” に映画に行く予定であるが、もしかしたら買い物に予定変更するかもしれない。
    • He is hoping …..



      He is hoping that he would start his new venture next month.

      “next month” と計画の時期を述べているが、実際はそれ以降に伸びたり、実行しなかったりする。
    • I’m planning with the idea of …..



      I’m planning with the idea of buying a new car for myself.

現在完了形

  • 未来の事を表現する
  • 加えて、その未来の事・計画は確実に実行する、確実に起きる
  • 場合に使う。

    • We’ve decided to …..



      We’ve dicided to go for a holiday to Australia next month.
    • We’ve settled on …..



      We’ve settled on watching a nice movie this weekend.
    • We’ve opted for …..



      We’ve opted for buying red car insted of the blue.
    • I’ve booked on …..



      I’ve booked on going for a nice trip.

その他の表現方法

  • I’ve got my heart set on …..



    I’ve got my heart set on marrying this man very soon.
  • I’ve been dying to go …..



    I’ve been dying to go to New York for Christmas.
  • It looks like …..



    It looks like I am gonna marry this guy.
  • I’m torn between …..



    I’m torn between Italy or France.

    この場合、”torn” の代わりに、”confused” “tossing” を使ってもよい。

【BGMに使える曲・今週の一曲】

秋桜/山口百恵 (ピアノ solo)

コメント

タイトルとURLをコピーしました